最新補助金事業スタート!「子育てエコホーム支援事業」「先進的窓リノベ2024事業」「給湯省エネ2024事業」でお得にリフォーム♪

2023年の大型補助金制度「こどもエコすまい支援事業」・「先進的窓リノベ」・「給湯省エネ事業」では、TOIROでも非常にたくさんの方々からご好評をいただき誠にありがとうございます😄✨


2023年の補助金申請に間に合わなかった!という方に朗報です😆!
この度、新たな補助金制度「子育てエコホーム支援事業」・「先進的窓リノベ2024事業」・「給湯省エネ2024事業」が決定し、すでに対象施工期間がスタートしています!
2024年度もお得にリフォームができる嬉しい補助金制度が継続します😄✨

今回は、この新しい補助金制度がどのようなものなのか、現時点で公開されている情報を詳しく、そして簡潔にご紹介していきます😊

※こちらのページでは、リフォームでの対象を主にご紹介させてただきます😊

 

子育てエコホーム支援事業

子育てエコホーム支援事業とは…
2050年カーボンニュートラルの実現に向け住宅の省エネ化の支援を強化するための事業です。
子育てという名が付いていますが、すべての方が対象です!

 

対象期間

2023年11月2日以降に着工した工事
※申請期間は令和6年3月下旬~予算上限に達するまで(遅くとも令和6年12月31日まで)

 

対象工事

【必須対象工事】※以下のいずれか1つは必須で行う工事
①開口部(窓・ドア)の断熱改修
②外壁、屋根・天井又は床の断熱改修
③エコ住宅設備の設置
(太陽熱利用システム・節水型トイレ・高効率給湯器・節湯水栓・蓄電池)

【対象工事】必須工事とセットで行う工事
④子育て対応改修
(ビルトイン食器洗機・掃除しやすいレンジフード・ビルトイン自動調理対応コンロ・浴室乾燥機・宅配ボックス)
⑤防災性向上改修
⑥バリアフリー改修
⑦空気清浄機能・換気機能付きエアコンの設置
⑧リフォーム瑕疵保険などへの加入

 

補助額について

・合計補助額が5万円以上

・1戸当たりの上限補助額20万円
※子育て世帯などは30万円(詳しくはお問合せ下さい)


対象工事と補助額

子育て支援改修補助額表

 

開口部の断熱改修工事補助額表

 

屋根、外壁・天井・床の断熱改修工事補助額表

 

バリアフリー改修工事補助額表

 

エコ住宅設備改修工事補助額表

上記の表は国土交通省より引用(詳しくはお問合せ下さい)

 

なんと!以前の補助金制度「こどもエコすまい支援事業」よりも増額したものが多数あります!

従来よりもさらにお得にリフォームできるチャンスです😆♪もうされた方、ごめんなさい…💦

 

 

 

先進的窓リノベ2024事業

先進的窓リノベ2024事業とは…
2050年カーボンニュートラルの実現に向け住宅の省エネ化の支援を強化するための事業です。

 

対象期間

2023年11月2日以降に着工した工事
※申請期間は令和6年3月下旬~予算上限に達するまで(遅くとも令和6年12月31日まで)

 

対象工事

先進的窓リノベ2024事業対象工事
 

 

補助額について

・合計補助額が5万円以上

・1戸当たりの上限補助額200万円


対象工事と補助額

先進的窓リノベ2024事業対象工事と補助額

 

先進的窓リノベ2024事業対象工事と補助額

 

環境省公表書類より引用

「子育てエコホーム支援事業」にも窓の対象がありますが、新築時の活用を重視し考慮された補助額になっています😊

「先進的窓リノベ2024事業」はリフォームでのみ利用が可能な補助制度☝より高性能で高額な補助額なため窓リフォームでは「先進的窓リノベ2024事業」での申請をおすすめします😊

また、「子育てエコホーム支援事業」との併用も可能です😆♪※補助対象の重複は不可

色々組み合わせて、お得にリフォーム出来るチャンスです!この機会にぜひご検討をしてみてはいかがでしょうか?😄

 

 

 

 

給湯省エネ2024事業

給湯省エネ2024事業とは…
家庭のエネルギー消費量の約3割を占める給湯器の省エネ化を促進するための制度です。

 

対象期間

2023年11月2日以降に着工した工事

 

対象機器

高効率給湯器

ヒートポンプ給湯器(エコキュート)
電気

圧縮すると温度上昇し膨張すると温度が下がる気体の性質を利して熱を移動させるヒートポンプの原理を用いてお湯を沸かし、タンクに蓄えるもの。
ハイブリッド給湯機
電気・ガス

ヒートポンプ給湯器とガス給湯器を組み合わせてお湯を作り、タンクに蓄えるもの。二つの熱源を用いることで、より高効率な給湯が可能。
家庭用燃料電池(エネファーム)
ガス

都市ガスやLPガス等から作った
素と空気中の酸素の化学反応
より発電するとともに、発電の際の排熱を利用してお湯を沸かし、タンクに蓄えるもの。
 

補助額

搭載された機能によって段階的に補助額が設定されています。いずれの要件にも該当しない機種の場合は、基本額となります。給湯省エネ2024事業補助額



「給湯省エネ2024事業」は、以前の「給湯省エネ事業」よりもさらに増額になっています😆!みなさんお得にリフォームできるチャンスですよ!

 

こちらの補助金制度についてのちょっとした疑問も大歓迎です😊!ぜひ、TOIROまでお気軽にお問合せ下さい💪✨😄♪

 

>アクセス

アクセス