玄関アプローチの手すり取付け ー介護保険を使用して安心な住まいへー

玄関アプローチ手すり取付け施工後

TOIROでは「最近、体力が落ちてきたな…」「歩いたり、立ち上がったりする動作が辛くなってきた…」と感じ、手すりの設置を検討されるお客様が増えています😊

米子市K様邸の玄関アプローチへの手すり設置をご依頼いただきました😊

 

リフォーム箇所

玄関ポーチ

工期1日間
価格

手すり棒 約2万円
エンドキャップ 約6千円
支柱 約2万円
コーナー支柱 約5万円
取付け工事費 約3万円
諸経費 約1万千円
消費税 約1万3千円 
合計 約15万円
※すべて込みの価格です

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、介護保険を申請した事例になります😊

介護保険は手すりの設置以外にも、段差の解消、開き戸を引き戸にする工事など、様々な工事に対して申請できます。

約1~3割の自己負担で施工が出来ますので、お気軽にご相談いただければと思います✨

 

玄関アプローチのような屋外では雨や雪、天候により転倒のリスクが増加する場所ですので、今回の手すり設置でケガのリスクが軽減し安心なお住まいになりますね😄✨

 

【施工前】

玄関アプローチ手すり取付け施工前

玄関アプローチ手すり取付け施工中

こちらの玄関アプローチに手すりを施工していきます😊

【施工中】

手すりの支柱を埋め込む穴を開けていきます😊

玄関アプローチ手すり取付け穴あけ

玄関アプローチ手すり取付け穴あけ

玄関アプローチ手すり取付け穴あけ

玄関アプローチ手すり取付け施工中

 

【施工後】

玄関アプローチ手すり取付け施工後

使用されるお客様の握りやすい高さに注意し、しっかりと体を支える手すりが完成しました😊✨

玄関アプローチ手すり取付け施工後

 

しっかりとした手すりができると、それだけでなんだか安心感が😊

お客様が安心して生活できるお手伝いが出来てとても嬉しく思います✨

「バリアフリーっていつごろからするべき?」とお考えの方も多いのではないでしょうか?
段差につまづきケガをしたことがきっかけで寝たきりになってしまう。このような事例は多数起きています。このことから、バリアフリーが必要になってからリフォームするというのは少し遅いということになります。より長く自宅で安全に暮らすために、体が動くうちに対策をすることが、健康寿命を延ばす第一歩です😊

 

又、手すりひとつ設置する場合でも、下地工事をして使用される方の体型に合った位置に設置しなければ意味がありません。

こうした専門知識を要するバリアフリーリフォームは、行う施工業者によって成功するかしないかが分かれます。

成功のポイントは、知識はもちろんですが”しっかり観察し、お話を聞き、親身になって使う人の事を第一に考える”ということができる業者を選ぶことです😊あまりよくよく考えず、作業効率重視の業者さんにはくれぐれもお気を付け下さい!

 

介護にお困りの方、ちょっとしたご相談も大歓迎です😊

介護リフォームのプロTOIROがお住まいの、手すり設置、段差の解消、引き戸への交換、ヒートショック対策、滑りにくい床、間取り変更など、お困りの解決をお手伝いさせていただきます!

この度はTOIROをお選びいただきまして誠にありがとうございました😊

 

TOIROは土日も営業しております😊皆さまのお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております😄✨ー

インスタも随時更新中!HPの内容と一味違った楽しい情報もお届けしています♪

>アクセス

アクセス