畳からクッションフロアにリフォームし部屋の雰囲気が一新!~柔らかな触り心地と清潔な空間へ~

米子市N様邸畳からフローリングへ施工後

米子市N様邸の畳からクッションフロアへのリフォームを施工させていただきました😊

日本人にとって和風の畳部屋は、い草の香りや柔らかさでホッと落ち着く空間ですよね😊

現代の新築住宅でも和室を設ける方は非常に多く、今もなお人気の間取りです😊♪
しかし、畳の耐用年数は新調の場合約10〜15年と言われており定期的なメンテナンスや日頃のお手入れを怠ると、さらに劣化が早まってしまう繊細な建材です☝

畳の生涯
畳を新調してから5年程度経過すると色褪せやスレ・傷等の劣化が現れてきます。そのタイミングで畳の表面のゴザ部分を剥がして裏返した状態で張り直す「裏返し」をし、裏面も5年程度使用すると、張替え新調をする時期を迎えます。

 

古くなった畳を使い続けるとダニやカビの温床になり健康に被害が及んでしまう可能性もあります。使用している面が5年を経過していない場合でも「スレがひどい」「カビやダニなどが発生している」などが見られる場合は張替えや新調を検討するサインです😊☝

 

そんな管理が大変な畳ですが、十数年使用して劣化が気になってきたお住まいではメンテナンスのしやすいフローリングにするリフォームを検討される方が非常に多くTOIROでも人気のリフォームです😄✨

今回ご依頼いただいたお住まいでも畳をクッションフロアにしてお部屋の雰囲気が一新!クッションフロアならではの柔らかな触り心地が気持ち良く、清潔な空間に大変身しました😆♪


【施工前】

畳の劣化が気になってきた和室、今回は入り口ドアの張り替えも合わせて施工させていただきました😊✨

米子市N様邸畳からフローリングへ施工前



【施工中】

クッションフロアの厚みにより高さを合わせるため、床のかさ上げ工事を行います😊

米子市N様邸畳からフローリングへ施工中



【施工後】

完成です😆♪とっても明るく素敵な洋室に大変身しました😄✨襖も貼り替え、ドアにお選びいただいたブルーのアクセント色も、とっても可愛いですね🥰

米子市N様邸畳からフローリングへ施工後


本物のフローリングのように見える木目調のクッションフロアは凹凸があるので、とてもリアルな質感が見事に表現されています😆✨
ビニール系素材のためクッション性があり足腰への負担が軽減♪水を弾く性質のため湿気によるカビやダニの心配もなく、汚れたらサッと拭き取るだけ!お手入れが簡単なので日々のお掃除の負担が軽減します😊♪

クッションフロアは、タイルやフローリング床材に比べると、低価格工期も短いため比較的導入しやすいリフォームです😊

デザインが非常に豊富なので、お部屋のイメージに合わせた理想の空間を見つけて頂けますよ😆✨

畳の劣化にお困りの方は、ぜひお気軽にTOIROまでご相談下さい💪✨😆

この度は、TOIROをお選びいただき誠にありがとうございました😄♪

 

こちらのリフォームの詳しい施工費用をご紹介致します😊ぜひ、ご参考にして下さいね♪

 

リフォーム箇所和室
工期約1日
価格

クッションフロア貼り11㎡(サンゲツH FLOOR) 約3万9千円
襖貼り替え(3面) 約1万2千円
床かさ上げ下地工事 約5万4千円
既存畳撤去・処分費・清掃費 約1万6千円
諸経費 約1万2千円
消費税 約1万3千円
合計 約14万6千円

 

 

 

 

 

 

 

TOIROは土日も営業しております😊皆さまのお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております😄✨/

 

インスタも随時更新中!HPの内容と一味違った楽しい情報もお届けしています♪

>アクセス

アクセス